Shopifyの使い方:テーマを選ぼう

2021.01.06

「手軽にネットショップを開業したい」

という人にShopifyはおすすめのサービスです。Shopifyには豊富なテーマが用意されているので、販売したい商品や想定する顧客層に合わせたネットショップを格安価格で簡単に作成できます。

この記事ではShopifyのテーマについて詳しく解説した上で、テーマの設定方法やテーマ選びのポイント、エディタを使いカスタマイズする方法について解説します。

テーマには無料版と有料版がある



用意されているテーマには無料版と有料版があります。有料版のテーマはよりコンセプトに合った独自のショップが作れるというメリットがあります。一方で無料版のテーマは初心者でも使いやすいものが多いです。

登録すると最初は「Debut」と呼ばれる無料テーマが設定されています。DebutはShopifyでの基本のテーマであり、シンプルなデザインのテーマです。ただ分かりやすいデザインに作られているだけでなく、機能性も優れています。

さらにDebutはShopify独自の言語であるLiquidを使って大幅にカスタマイズする時にも便利なテーマです。

ただし無料版のテーマのカスタマイズは慣れていない人にとってとても難しいため、希望通りのデザインに整えにくいというデメリットがあります。デザインにこだわりがある場合や特定の機能が欲しい人には有料版のテーマがおすすめです。

公式・非公式の違いは何?



テーマには公式のものと非公式のものがあります。

公式のものはShopifyのサービスに認められているデザインであり、商品の写真や説明などが非常に見やすいといった特徴があります。ショップ運営者だけでなく、実際に買い物をする人にも使いやすいデザインです。

Shopify公式テーマは約100種類もあるので、ここから自分のイメージに合ったデザインが見つけることも可能です。

しかし公式テーマはデザインがどこか似通っているという特徴もあります。自身のオリジナリティを大切にしたいという人は公式テーマでは満足できないかもしれません。

独自性の高いデザインを使用したい場合は非公式のテーマを探してみるようにしましょう。非公式のテーマは1,000種類以上あります。

テーマを設定する方法



実際にShopifyのテーマの設定方法について解説していきます。

デスクトップ

パソコンのデスクトップから設定する場合は、まず、Shopifyの管理画面を開きます。管理画面の中にある「オンラインストア」の項目から「テーマ」を選択してください。

テーマの一覧が表示されるので、使用するテーマを選択します。「カスタマイズする」をクリックするとカスタマイズ設定が可能になります。

テーマのタイプによってテーマセクションが異なるので、選んだテーマに従ってサイトを作成してください。

ページ上部のドロップダウンメニューの中から選択することで、他のページの設定もできるようになります。

ショップに表示されるコンテンツを編集する場合はテーマエディタからテーマセクションを選んで編集します。

スマートフォン

Shopifyはスマートフォンからの編集にも対応しています。専用のアプリのダウンロードが用意されているのでShopifyを使用する際に利用しましょう。アプリはiPhone用とAndroid用があります。

アプリを開いたら「ストア」を選択してください。販売チャンネルセクションが表示されるので「オンラインストア」を開き、「テーマを管理する」を選択します。

表示されたテーマの一覧から好きなテーマを選び「カスタマイズする」を選択します。「編集」をタップするとデザインの編集が行えます。  

テーマ選びのポイント



ネットショップを開業する際、デザインは非常に重要です。同じ商品を販売していても、デザインのクオリティや世界観によって売り上げは大きく変わります。

Shopifyでテーマを選ぶ際には、販売する商品の特徴や強みに合ったデザインを選ぶようにしましょう。商品の世界観に合わせたデザインにすることで、サイトの印象がかなり変わります。

ターゲットとする人物のイメージに合ったデザインを選ぶことも重要です。顧客に配慮したデザインにすると、ショップのファンを増やすこともできるでしょう。

例えばターゲットを男性とするのか女性とするのかによって、使うべきテーマは大きく異なります。男性の場合、商品に対しては論理的な説明が重視されるのに対して、女性の場合は直感に訴えかけるようなデザイン性が求められることもあります。

さらに年齢層によっても必要なデザインや機能が変わるので、ターゲットユーザーを考慮しながらテーマを選ぶようにしましょう。

応用篇・テーマエディタでカスタマイズもできる



「もっとデザインや機能にこだわりたい」という人は、HTML・CSS・Liquidなどのマークアップ言語を使ってカスタマイズしましょう。これらのマークアップ言語はShopifyのテーマをさらにカスタマイズする際に必要なスキルです。

なおテーマコードを編集する際には、必ずバックアップを取っておきましょう。万が一、入力にミスがあった場合でも、バックアップがあれば元に戻すことができます。

Shopify好きなデザインのテーマを見つけよう



Shopifyを使えば誰でも低コストでネットショップを始められます。たくさんのテーマがShopifyには用意されているので、自分や取り扱う商品、ターゲットのイメージに合ったテーマを選んで開業しましょう。

ARCHETYP Commerceではテーマのインストールやカスタマイズ、オリジナルテーマの開発も承っております。興味のある方はお気軽にお問い合わせください!