Shopify運営の参考になるnote3選

2021.01.27

誰でも簡単にオンラインストアを開業できるプラットフォームとして知られるShopifyは、最近日本でも注目を集めています。Shopifyを使って自身のオンラインストアの運営を始めた人も少なくありません。

オンラインストア営業には多種多様なスキルやノウハウが必要になってきます。クリエイター向けのプラットフォームnoteではShopifyの運営ノウハウに関するさまざまな記事が投稿されているので、Shopifyを使いこなしたい人はチェックしてみましょう。

この記事ではShopifyでオンラインストアを運営する際に参考になるnoteを3つ紹介します。

1.「Shopifyアプリの上手な探し方とインストール方法」




Web制作や事業開発、ECサイト運営を中心にクライアントのWeb関連の課題解決に対応している会社「カンナート」は、noteでShopifyでのアプリ関する解説記事を投稿しています。

Shopifyではオンラインストアを拡張したり、使いやすいものにするためにアプリをダウンロードしたりする必要があります。必要なアプリを導入することによってオンラインショップの機能性やデザイン性を高めることができるのです。

自分の理想にあったオンラインストアを作るためには必要なアプリを探す必要があります。

現在Shopifyには5,000以上ものアプリが存在します。Shopifyを使いこなすためにはこれらのアプリを駆使していかなければなりません。しかしこれだけアプリの数があるとどれを使ったらいいのか分からなくなってしまいがちです。

「どのアプリを使ったらいいの?」
「必要なアプリをどうやって探せばいいの?」

カンナートのこのnoteでの投稿は、こうした問いの答えを教えてくれます。

自分にとって必要なアプリの探し方や、アプリを選ぶ際のポイント、インストールをして実際に使う際の注意点などがこの記事では分かりやすく解説されています。Shopify初心者にはおすすめの投稿です。

アプリを使って自身のオンラインストアをより使いやすくしたいという人は参考にしてみましょう。自分にとって理想的な機能を備えたアプリを見つけてオンラインショップを充実させてください。

Shopifyアプリの上手な探し方とインストール方法|カンナート|Kannart



2.「Shopifyのサービスと料金の違いは?ベーシック、スタンダード、プレミアムを徹底比較!」




オンラインストアを開業するだけでなく、なにか事業を始めようとする人のほとんどは「どれくらいのコストがかかるのだろうか?」と考えるのではないでしょうか?コストをおさえる工夫はオンラインストア運営を成功させるためにも重要なことです。

Shopifyは開業にかかる初期費用は無料ですが、月々の利用料金はかかってきます。3つのメニューが用意されているので、利用目的に合わせてメニューを選ばなければなりません。利用目的に合っていないと機能が充実していなかったり、必要以上の運営コストがかかってしまったりするなどのトラブルにつながります。

日本企業のグローバル化をサポートするためのサービスを展開している会社「タグログ」のこのnote投稿では、Shopifyの利用メニューや料金について分かりやすく解説されています。

ただ利用料金やサービス内容を比較しているだけでなく、収益の状況に合わせてオンラインストア運営全体にかかるコストをイメージできるのがこの投稿の特徴。

「利用料金が高いからといってコストがかかるわけではない。全体で見た場合、利用料金が高いメニューを使った方が、結果的にコスト削減をできる」ということが分かります。

自分がどのメニューを使うべきなのか悩んだ際には、タガログのこの投稿を参考にしてみましょう。最適な利用メニューを把握し、適切なコストでオンラインストア運営が可能になります。

Shopifyのサービスと料金の違いは?ベーシック、スタンダード、プレミアムを徹底比較!|タグログ|note

3.「小さなお店のオンラインショップのつくりかた」




株式会社カフーツのnoteアカウント「Envelope Magazine」のnote投稿では、比較的小規模なオンラインショップを運営する際のポイントが紹介されています。

「趣味の延長でオンラインショップを運営したい」
「大きなお店を運営したいのではなく、ショップの世界観を大切にしてくれる人をお客さんにしていきたい」

といった思いでオンラインショップを開業したい人はぜひチェックしてみてください。

現在日本国内には270万店以上のオンラインショップがあるといわれています。数あるオンラインショップの中で小規模なオンラインショップが生き残るためには、独自のノウハウを身につけなければなりません。

大手のオンラインショップのノウハウの中には、小規模なオンラインショップ運営に適さないものも多いといわれます。

Envelope Magazineのこの投稿では、見落とされがちな小規模なオンラインショップの運営ノウハウが分かりやすく紹介されています。さらにShopifyを使ったケースの紹介なども書かれています。

これからオンラインショップを開業したい人から、すでに開業している人まで、幅広い層にとって参考になる投稿です。

小さなお店のオンラインショップのつくりかた|Envelope Magazine|note

noteを活用して必要なノウハウを学ぼう!


初期費用をおさえながら自身のオンラインストアを開業したい人にShopifyはおすすめのプラットフォームです。しかし実際に運営する際にはさまざまなノウハウが必要になってきます。

クリエイター向けのプラットフォームnoteにはShopify運営のノウハウについて紹介しているものもあるので、これからオンラインストアを開業したい人は参考にしてみましょう。

noteの投稿からShopify利用のノウハウを学ぶことで、よりスムーズにオンラインショップを運営できるようになります。

また、Shopifyのノウハウで知りたいことがある場合はARCHETYP Commerceにお気軽にご相談ください