ShopifyとLINE公式アカウントを連携させるメリットとは?主な機能など紹介

2021.02.03

Shopifyは、LINE公式アカウントと連携できます。しかし、LINE公式アカウントと連携することでどんなメリットがあるのか、機能や料金プランがわからないという方も多いはずです。

この記事では、LINE公式アカウントの基本的な知識をはじめ、連携で得られるメリットを詳しく解説します。Shopify運営を考えている方は参考にしてみてください!

LINE公式アカウントとは?主な機能など紹介




LINEはスマートフォンを使って、友人や家族とかんたんにコミュニケーションできるコミュニケーションアプリ。LINEには「LINE公式アカウント」がありますが、どんな機能を備えているのかご存じでしょうか。

まず、LINE公式アカウントについて詳しく解説します。

LINEとLINE公式アカウントの違い


LINE公式アカウントとは、かんたんに言えば「ビジネス用アカウント」です。

LINEアプリでは、友人や家族などの個人と友だちになる以外にも、店や企業が運営しているLINE公式アカウントとも友だちになれます。

店や企業と友だちになれば、新しい情報をいち早く知れたり、お得なクーポンを受け取れたりします。そのため、多くのユーザーがお気に入りの店や企業と友だちになることのメリットを感じています。

LINEの国内月間利用者数は、2020年6月現在で8,400万人以上。LINE公式アカウントをうまく利用すれば、自社ECサイトの集客やセールスに大いに役立てられるでしょう。

メッセージ配信機能


企業やブランドがLINE公式アカウントに登録すると、メッセージを配信して多くの友だちとつながることができます。メッセージには単にテキストを送るだけではなく、さまざまな機能があります。

● テキスト(500文字:1吹き出し)
● スタンプ
● 画像
● クーポン
● 動画
● ボイスメッセージ
● リッチメッセージ

テキストだけですと、情報が多すぎて友だちも飽きてしまいます。可愛らしいスタンプや画像を組み合わせると見やすいメッセージになるでしょう。

メッセージを工夫すれば、たくさんの友だちに興味を持ってもらえます。

チャット機能


チャット機能は、友だちになってくれた方と個別でやり取りできる機能です。

お得な情報を配信したときに、スタンプやトークを送ってくれたユーザーと直接やり取りしたいときにおすすめです。LINE公式アカウントでも、LINEと同じように気軽にメッセージのやり取りができます。

また、お問い合わせや相談があったときも活用できるのがうれしいポイント。

メールだと見逃して返信が遅れ、ユーザーが離れていくリスクがありますが、チャットならその場で確認できるのでとても便利です。

自動応答メッセージ機能


自動応答メッセージ機能とは、ユーザーからメッセージやスタンプが送られたときに、自動で送信するメッセージをあらかじめ設定できる機能です。

友だちとのやり取りが多くなってきた場合は、自動応答メッセージ機能を活用すれば効率がアップします。

自動応答メッセージ機能は、大きくわけて3つの応答タイプがあります。

1. 自動応答機能:ユーザーからのメッセージに自動で応答する(複数設定可能)
2. キーワード応答機能:ユーザーから特定のテキストを受け取ったときに自動で応答する
3. シンプルQ&A機能:ユーザーのメッセージをAIが判別してカテゴリー別に自動で応答してくれる

一人ひとりに応答する余裕は無いけれど、何かしらのアクションはしておきたい…。こんなときは、自動応答メッセージ機能を使ってみましょう。

クーポン・抽選機能


クーポン・抽選機能は、キャンペーンをするときに便利な機能です。

お友だち限定クーポンを配信すれば、効率よく友だちの数を増やしたり、ECサイトの訪問数を増やしたりできます。また、抽選機能はイベントを行いたいときに活用できる機能です。

ショップカード機能


ショップカードは、店舗運営で活用したい機能のひとつです。「デジタルショップカード」はLINEアプリを使ってポイントを貯められるポイントカードのようなもの。

5回来店したら割引クーポンを発行するなど、活用次第でお客様の来店頻度を高められるかもしれません。

LINE公式アカウントの料金プランは?




LINE公式アカウントは、使い方に合わせて3つのプランを用意しています。


出典:料金プラン|LINE for Business

フリープランなら無料で使えるので、まずはお試しでLINE公式アカウントを使ってみたいという方におすすめ。

ただし、規定の無料メッセージ通数を超えると利用できなくなるため、月々のメッセージ利用数に応じてプランを変更していきましょう。

ShopifyとLINE公式アカウントを連携させるメリット




LINE公式アカウントとは何か、利用できる機能を知ったところで、次はShopifyをLINE公式アカウントと連携させることで得られるメリットを3つ紹介します。

LINE広告と連動できる


LINEの一番の強みは、日本で利用しているユーザーが8,400万人以上もいること。LINEには「LINE広告」機能があり、うまく活用すれば多くのユーザーにアプローチできます。

一般的に運用型広告を利用する場合は、ユーザーの年齢や性別・興味などを徹底してターゲティングを行う必要があります。ターゲティングが広すると、1件の成果獲得にかかるコストが高くなりすぎるリスクがあります。

しかし、LINE公式アカウントを利用すれば、他のSNSでは難しい顧客層へのリーチが可能になります。「友だち追加広告配信」や「類似配信」という機能もあり、これらを活用すれば、効率よく広告配信を行えるでしょう。

新規獲得から既存のロイヤリティ効果が期待できる


LINE公式アカウントでは、以下に挙げるセグメントの設定が可能です。

● 友だち期間
● 性別
● 年齢
● OS
● エリア

これらを活用すれば、既存客のロイヤリティ効果を高めたり、新規顧客の獲得に役立てたりすることが可能です。しかし、これだけでは、いつ・誰に・どのような状況で配信を行えば効果的なのかがわからないですよね。

そのようなときは、Shopifyのサイト構築・運用サービスを行っている会社に相談してみるのがおすすめです。

ARCHETYP Commerceでは、LINE公式アカウントの運用もサポートしていますので、興味がある方はぜひお問い合わせください。

プッシュ配信ができる


LINE公式アカウントに登録すれば、プッシュ配信できるようになります。プッシュ配信を行えば、ユーザーに「気付き」を与えることが可能に。

リアルタイムにユーザーに配信できるプッシュ配信機能は、ほかのSNS媒体ではあまり見られない機能のため、積極的に活用するべきです。

TwitterやInstagramを使った情報配信もありますが、LINE公式アカウントを活用すればより効果的にユーザーに興味を持ってもらえるでしょう。

LINE公式アカウントはShopifyの心強い味方!




LINE公式アカウントとは何か、Shopifyとの連携で得られるメリットや機能を紹介しました。

LINEはコミュニケーションアプリのなかでも利用者数がとくに多いアプリです。

自社のECサイトを成長させるうえで欠かせないため、Shopify運営をしている方はぜひ登録して連携させましょう。

ARCHETYP Commerceでは、Shopifyの運用方法がわからないという方に向けたサービスを行っています。LINE広告アカウントに関する疑問以外にも、さまざまなサポートを行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいね!