アパレル業界のShopify成功事例を調べてみた

2021.02.24

ネットショップ初心者の方でも、気軽にショップを作成できるShopify(ショッピファイ)。今回は、Shopifyで成功したアパレルショップの事例や、なぜShopifyがおすすめなのかなどを詳しく紹介します。

これからネットショップで洋服や靴などの販売を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Shopifyとは?




Shopify(ショッピファイ)は、カナダ発のネットショップ制作プラットフォームサービスです。世界175か国で100万ショップ以上に導入されており、日本でも導入を検討している企業や経営者が増えつつあります。

一般的にECサイトを作るには、自社サーバーを用意してパッケージを導入しなくてはいけません。また、知識のあるデザイナーやITエンジニアを雇わないと、ECサイトが作れないという理由で諦めていた方も多いと思います。

しかし、Shopifyならアカウントを作成して管理画面で設定をすれば、どなたでもECサイトを作成できます。公式ストアに公開されている「テーマ」を使えば、サイト全体のデザインも簡単に変更できるのです。

Shopifyは14日間の無料期間を設けているので、とりあえず試してみたいという方におすすめ。料金プランもベーシック・スタンダード・プレミアムの3種類用意しているので、ご自身にあった最適なプランを選ぶことができますよ。

Shopifyでアパレルショップを経営するメリット




Shopifyを活用して、世界中ではさまざまなショップが展開されていますが、その魅力は一体何なのでしょうか。この見出しでは、Shopifyでアパレルショップを経営するメリットを紹介します。

デザインの自由度が高い


Shopifyでアパレルショップを経営するメリットのひとつに、デザインの自由度が高いことが挙げられます。

アパレルショップ作成では、サイトデザインをどうするかはとても重要。見た目でショップの雰囲気やイメージをお客様に伝えることができるので、イメージ通りのデザインにしたい経営者も多いはずです。

Shopifyで取り扱っているサイトデザインは、無料から有料(プレミアム)のものまで豊富にあります。MaestroooやClean Themesなどの定評あるデザイン会社が手掛けているデザインテンプレートもあるので、お気に入りのサイトデザインを見つけられるはずです。

機能性に優れていて使いやすい


好みのサイトデザインが見つかっても、上手く機能させることができなければ意味がありません。

ShopifyはECサイトの知識があまりなくても、基本のテンプレートから細かいカスタマイズを行うことができます。ベースが整っているので、簡単な設定さえ行えばショップを自分好みに変えることができるでしょう。

また、Shopify Expertsと呼ばれる、Shopify公認の制作会社に依頼して高品質なショップサイトを作り上げることもできます。ご自身の好みや予算などに合わせて、自分が作りたいECサイトを自由に作れるのが魅力です。

ARCHETYP Commerceでも、オリジナルテーマの開発やカスタマイズを行っていますので、興味がある方はぜひお問い合わせくださいね。

越境ECに強い


Shopifyは世界175か国以上のユーザーが使用している、知名度の高いネットショップ制作プラットフォームサービスです。そのため、日本語や英語、中国語といったメジャーな言語以外にも対応しており、越境ECに強いことがメリットとして挙げられます。

それ以外にも、海外向けに以下で挙げるサービスも展開しています。

● 100種類以上の決済方法を導入している
● さまざまな国の税率に対応している

Shopifyのサービスが導入された当初は、日本語の対応が手薄い印象があり、英語が苦手な方は使いづらい印象があったかもしれません。しかし、現在では日本国内の事業者にとって使いやすい環境になっているので、英語が苦手の方でもECサイトを作りやすいと言えます。

将来的に、海外展開も視野に入れている方にとって、Shopifyはピッタリのサービスです。

SNS連携が強い


ネットショップでは効率のよい集客が欠かせません。魅力的なECサイトを作っても、ひとりでも多くのお客様にサイトに訪問してもらわなければ意味がありませんよね。

近年では、SNSを活用した集客がメジャーになりつつあります。SNSを通じて、多くのお客様をECサイトに誘導するには、SNS連携が強いサービスを選ばなくてはいけません。

Shopifyでは、世界的にも認知度の高いFacebookやInstagram、TwitterなどのSNS連携を簡単に行えます。また、越境ECを狙うのであればAmazonやeBayとも連携しておきたいもの。

SNS連携や販売チャネルを簡単に、効率よく増やしていけるShopifyを活用すれば、ネットショップを成功させる確率をアップできるでしょう。

アパレルショップのShopify活用事例7社!




Shopifyを活用して成功をおさめているアパレルショップには、どのような企業があるのでしょうか。Shopifyの活用事例として、アパレルショップを7社紹介します。

COHINA


COHINAは、150cm前後の小柄な女性のために作られたアパレルを取り扱っているブランドです。創業者の2人が実際に小柄な女性であり、選ぶ服の選択肢の少なさを解決するためにCOHINAを立ち上げました。

小柄な女性をターゲットにしているだけあって、サイトの「身長から探す」は143cm~155cmの1cm単位で身長を指定して、商品を絞ることが可能。身長が低いことで洋服選びに悩んでいた方は、ぜひチェックしてほしいショップです。

土屋鞄製造所


土屋鞄製造所は、ランドセルから大人向けのカバンなどを手掛ける老舗ブランドです。厳選された良質な革素材を使用して作られたカバンには、何年経っても愛着を持てるようにとの願いが込められています。

ECサイトではビジネスバッグから財布、メンテナンス用品など、商品を細かく分けて欲しい商品をすぐに見られるように作られています。

amirisu


amirisuは、ライフスタイル雑誌・実店舗・体験・ECサイトなどを通じて、日本国内や世界に編み物文化やグッズを届けている企業です。事業スタート時は、ネットで閲覧できるオンライン冊子でしたが、雑誌の発行を通じてファンがつくようになり、2014年から物販を始めています。

初心者の方におすすめするページや、人気商品の再入荷や季節のおすすめ商品などがわかりやすくカテゴリ分けされているので、とても見やすいECサイトに仕上がっています。

Nagi


Nagiは、「1枚でも過ごせる吸水ショーツ」を展開している、フェムテックブランドです。近年、日本でもジェンダー平等に向けた動きはあるものの、先進国との差が思うように縮まらない。こうした状況を直視した石井リナ氏が立ち上げたブランドです。

ライフスタイルに合わせて、スタンダード・スリム・フルの3種類から商品を選択可能。ECサイト内では、実際の吸収力がわかる動画などがあり、見やすくわかりやすいのが魅力的です。

FUMIKODA


FUMIKODAは、高品質でエレガントなビジネスバッグを作りたいという想いから誕生した働く女性のためのブランドです。動物皮革を一切使用しないアニマルフリーなど、見た目のエレガントさだけではなく、環境に優しい素材を使用していることも特徴的。

おすすめ商品がわかりやすく商品画像と合わせて一度に確認できるので、お客様も商品を探しやすいECサイトに仕上がっています。

kibacoworks


kibacoworksは、木のぬくもりを最大限に活かしたユニークな商品を販売しているショップです。北鎌倉の住宅街に佇む小さな工房で、デザインから加工まですべて行っています。

味のあるiPhoneCASEやKEY TAG以外にも、アパレル用品などさまざまな種類の商品を取り扱っているのが特徴的。ECサイトでは、わからないことがあれば直ぐに相談できるチャットが目立つ位置に用意されています。

CDG by Comme des Garçons.


CDG by Comme des Garçons.は、Shopify Plusで作られたサイトです。サイトページでは、ブランドで取り扱われている洋服やシューズ、キャップなどの商品が無作為に並んでおり、商品をマウスで当てると大きくなったり動いたりする遊び心あふれたサイト。

商品をクリックすると、ページいっぱいにブランド名が連なっており、カラーやサイズがわかりやすく選べるようになっています。

Shopifyは自分好みのECサイトを作りたい方におすすめ!




ShopifyをアパレルショップのECサイトとして導入するメリットや、実際にShopifyを導入している企業7社を紹介しました。

Shopifyは越境ECに強い、デザインや機能性に優れている、SNS連携しやすいなど、ショップ経営に欠かせない嬉しいポイントが網羅されています。

これまでECサイトは作るのが難しいのではないかと諦めていた方も、ぜひ一度Shopifyの導入を検討してみてください。

ARCHETYP Commerceでは、Shopify初心者の方でも、わかりやすく丁寧にサポートいたします。アパレルショップの運用を考えている方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください!