美容・化粧品業界のShopify成功事例を調べてみた

2021.03.05

誰でもネットショップを気軽に開設できるECプラットフォーム「Shopify」。175ヵ国以上で100万件以上のビジネスを支えているサービスです。

Shopifyが目指しているのは「ビジネス運営の難しさを軽減して、すべての人のためにコマースをより良くすること」。オンラインビジネスの立ち上げから運営、成長をサポートしています。

導入を検討している方にとっては、その活用事例が気になるところ。そこで今回は、Shopfyを活用している美容、化粧品関連のビジネス事例をご紹介します。

ジョンマスターオーガニック




まずご紹介するのは、白と優しいサンドベージュをECサイトの基調色としているライフスタイルブランド、「john masters organics(ジョンマスターオーガニック)」です。ジャパンオンラインストアがShopifyを導入しています。

ジョンマスターオーガニックを設立したのはニューヨークのトップスタイリストだったジョン・マスターで、環境に負荷をかけない製品づくりと同時に、人が自分の美しさと心地よさの両方を感じられることを目指しているブランドです。

栽培から収穫まで農薬や化学肥料を使っていない、オーガニック由来の成分を使用してヘアケアやボディケア製品をつくっています。

製品に使われている厳選された植物オイルや穀物、フラワーエキスなどには美容成分が含まれていて、感性に触れる香りとテクスチャーが特徴的です。長年の研究によって培われた専門知識と最新技術がその製品開発を支えています。

体に直接触れるものは、オンライン購入のハードルが高いもの。しかしジョンマスターオーガニックはメルマガや購入検討にあたって参考になるレビューのアプリ、そして製品の再入荷を知らせるアプリを使用しており、そのハードルをうまく下げているといえるでしょう。

また、サイトのビジュアルもポイントです。自然とつながりを持ちながら製品をつくっていることが一目でわかる海や木々などの写真が多く、パッケージデザインやモデル写真にも洗練された美しさと同時に健やかさが感じられます。コンセプトをビジュアルで伝えることに成功している事例といえます。

56shop




続いてご紹介するのは、シャンプーやトリートメントなどのサロン専売ヘアケア用品を販売している「56shop」です。神奈川県川崎市を拠点とするこのブランドも、Shopifyを活用して販路を広げています。

56shopはもともと違うECプラットフォームを利用していましたが、決済までの流れやシステムを改善しても表示速度が改善されないことが課題でした。0.1秒表示が遅くなると売り上げが1%下がるという分析もされているように、ECサイトにおいては画面の表示速度が速いことが非常に重要です。

そこで56shopはより迅速にシステムを構築でき、定期的なアップデートもしやすいShopifyを導入するに至りました。検索に弱かった部分も解消され、内部マーケティングも容易に把握できるようになっています。

導入前の56shopのようにもともとECサイト運営をしている場合は、旧システムの改修費やメンテナンス費とShopifyの新規構築費を比較してみましょう。Shopifyには3プラン用意されており、小規模な事業者や個人ストアであれば米ドルで月29ドルで利用できます。事業規模によりますが、低価格で導入できることもShopifyの利点の1つでしょう。

SENSE OF HUMOUR




3つ目にご紹介するのは、Shopifyを使って非常にデザイン性の高いECサイトを構築している「SENSE OF HUMOUR(センス・オブ・ユーモア)」です。「Ungraspable Beauty(つかみどころのない美しさ)」をコンセプトとするコスメティックブランドで、南青山でヘアサロンの運営もしています。

ECサイトで購入できる製品はシャンプーやトリートメント、スタイリング剤など。日本の卓越したものづくり技術をベースに、地球と生き物に負担をかけない成分をできるだけ使用してつくられています。

持続性があり機能性が高い自然由来成分の配合率を高める努力を絶えずしており、石油界面活性剤や防腐剤、鉱物油、タール系着色料などアレルギーを起こしうる成分は使用しないという徹底したこだわりが特徴です。

製品の中身だけでなく、その見た目も洗練されています。ヘアケア用品のボトルや詰め替えリフィルは形こそ非常にシンプルですが、置くだけでその場所がスタイリッシュに見えるようなデザインになっています。その印象を生かすためか、ECサイト上の写真も奇をてらった配置ではない、製品がまっすぐに置かれたカットで統一されているのです。

ブランドコンセプトをしっかりと届けたい場合、サイトデザインはとくに力を入れたいところでしょう。Shopifyの公式サイトでも「最高のデザインのショップをつくりましょう」と謳われており、デザイン性が高いShopify導入ブランドとして「ビューティー」カテゴリに掲載されているのが、この「SENSE OF HUMOUR」です。

Shopifyでより良く伝え、届くECサイトに




今回はShopifyを導入している美容・化粧品関連のビジネスをご紹介しました。ECプラットフォームは、ただ販売の手間を省くためではなく、より本質的な業務に力を注ぐために活用したいものです。

それにはブランドコンセプトを明確に伝え、こだわりを届けられるようにすること。スムーズに閲覧できて、購買につながるECサイトをつくっていきましょう。

ARCHETYP Commerceでは、Shopify Expert認定パートナーとしてサイト構築のサポートやカスタマイズを承っております。早くビジネスをスタートさせたい方、初期構築は任せて販売業務に集中したい方などご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください