3Dセキュア2.0とは何?Shopifyストアに導入できるかも解説

2021.03.15

「3Dセキュア2.0について知りたい」「運営しているShopifyストアにも導入できるの?」

こんなことを考えているショップオーナーも多いのではないでしょうか。年々キャッシュレス決済で商品を購入する機会が増えましたが、忘れてはならないのがセキュリティ対策。安心して取引できる体制作りはショップオーナーの責任でもあります。

そこで今回は、3Dセキュア2.0の基礎知識や他のセキュリティとの違い、Shopifyへの導入可否などを解説します。

3Dセキュアは他のセキュリティとの違いは?




3Dセキュアは、ECサイトなどで用いられていれるクレジットカード決済時の不正利用対策の一つで、クレジットカード会社が設定している本人認証サービスを指しています。

クレジットカードのブランドによって呼び方は違いますが、総じて3Dセキュアと呼んでいます。※VisaはVisa Secure、MASTERCARDはMastercard SecureCode。

3Dセキュアの3Dは、3Dセキュア提供元(VISAやMASTERCARDなど)・クレジットカード発行会社(三井住友カードや楽天カードなど)・ECサイト事業者を含む加盟店の3つを「ドメイン」でまとめた意味。これら3つが連携して適切な認証を行なうことで、クレジットカード利用者の安全性を保っています。

利用者が3Dセキュアを利用するには、予め3Dセキュア提供元へのパスワード登録が必須です。パスワード登録完了後は、ECサイトなどの決済画面でクレジットカード番号を入力して、3Dセキュアパスワード画面に移動します。

パスワード入力画面で設定したパスワードを入力したら完了です。万が一クレジットカードを盗まれてしまった場合でも、パスワードは利用者しか分からない情報ですから、不正利用防止にも一役買っています。

3Dセキュア以外にも、セキュリティコードや不正使用検知システムなどの対策があります。セキュリティコードはその都度入力する必要がありますし、不正使用検知システムは、取引データなどの情報から危険性を判断しています。

そのため、3Dセキュアとは違ったセキュリティ対策となります。

3Dセキュア2.0は事業者にもメリットがある




クレジットカード決済利用者にとってメリットがある3Dセキュア2.0は、事業者にとってもメリットがあります。

それは、不正利用リスクの軽減です。事業者は不正利用されたクレジットカードでも売上を返金する必要がありますし、発送した商品は戻ってきません。

3Dセキュア2.0は本人認証必須で、第三者に不正利用される可能性がグッと下がります。また、不正利用が減少すればチャージバックの減少にもなり、機会損失も減らせます。

ちなみに、3Dセキュア2.0が導入されるまでは、3Dセキュア1.0が主流でした。

3Dセキュア1.0は、VISAが1999年に開発した本人認証システムで、2002年以降はVISA以外のクレジットカードブランドでも利用されるようになりました。3Dセキュア1.0は、決済時にクレジットカード番号や有効期限、パスワードを入力してセキュリティを強化する仕組みです。

クレジットカード情報を分けて入力することでセキュリティが強化される一方、パスワードを入力する手間が増えてしまうことがデメリット。そうしたデメリットを解消する目的で、3Dセキュア2.0では「ワンタイムパスワード」も導入されています。

ワンタイムパスワードは、送られてきたパスワードを入力するだけで記憶する必要はありません。また、セキュリティコードのように、クレジットカードを盗まれた時の不正利用リスクもないのです。

Shopifyの3Dセキュア2.0はEU圏限定で実装




クレジットカード決済利用者と事業者それぞれにメリットがある3Dセキュア2.0。しかし、2021年時点ではEU圏限定で実装されています。Shopify公式サイトを確認しても、日本での3Dセキュア2.0実装の予定は明記されていません。

そのため、現時点でShopifyストアに3Dセキュア2.0を導入するには、3Dセキュア2.0に対応した決済代行サービス「GMOイプシロン」の導入が最適です。

GMOイプシロンはGMOイプシロン株式会社が提供する決済代行サービスで、これまでに約3万社以上が利用しています。クレジットカードだけではなく、3Dセキュアやコンビニエンスストア決済など幅広い決済に対応しているのが特徴です。※オプション機能

正式に日本でも3Dセキュア2.0が実装されるまでの間、GMOイプシロンの導入もおすすめです。

3Dセキュア2.0はセキュリティ対策にピッタリ




今回は3Dセキュア2.0の基礎知識や他のセキュリティとの違い、Shopifyへの導入可否などを解説しました。キャッシュレス決済が浸透してきた現在では、3Dセキュア2.0などセキュリティ対策が重要になっています。Shopifyを始めとするECサイトは、安心して利用できるストアも利用者からの支持を集める要因の一つ。

現時点では3Dセキュア2.0は日本では実装されていませんが、3Dセキュア2.0対応の決済代行サービスなどを導入して、利用者に支持されるストアを作ってみませんか?

ARCHETYP Commerceでは、セキュリティ対策に関連したテーマのインストールやカスタマイズ、オリジナルテーマ制作も可能です。興味のある方はお気軽にお問い合わせください!