Shopifyでデジタルコンテンツを販売する方法とおすすめアプリを紹介

2021.04.30

現在デジタルコンテンツの市場規模は年々拡大しつつあります。デジタルコンテンツ白書2020によると、2019年の一年間で市場規模は前年比で10.2%も増加したとされています。

Shopifyでは実際の商品だけでなくデジタルコンテンツを販売することも可能です。今後デジタルコンテンツの市場規模の拡大とともにShopifyでのデジタルコンテンツ販売もより一般的になっていくことが予想されます。

この記事ではShopifyを使ってデジタルコンテンツを販売したい人に向けて、具体的な方法やおすすめのアプリを紹介します。

Shopifyでデジタルコンテンツを販売する方法




Shopifyでデジタルコンテンツを販売するためには、大きく分けて以下の3つの手順を行わなければなりません。

・ 商品の配送の無効化
・ デジタルコンテンツ販売用アプリの使用
・ メールテンプレートの設定

1.商品の配送の無効化


デジタルコンテンツは実際に手に取る商品ではなく、インターネット上でダウンロードするため「商品の配送」という手続きがありません。そのためShopify上で実際には商品を配送しないことを明らかにするために「配送の無効化」を行う必要があります。

配送の無効化のやり方は、下記の通りです。

1. 管理画面の「商品」から「すべての商品」のページを開きます。
2. 商品一覧ページから実際に配送する必要がないデジタルコンテンツの商品を選択します。
3. 商品ページの配送セクションを開き、「配送が必要な商品です」のチェックボックスをオフにした上で保存します。このときに保存をし忘れると設定がうまく機能しないことがあるため要注意です。

デジタルコンテンツの販売用のアプリの使用



デジタルコンテンツを販売する際には、専用のShopifyアプリを使用します。

Shopifyのアプリの中には有料・無料共にデジタルコンテンツ配信用のアプリが数多く存在します。その中でも特に有名なのはDigital Downloadsです。Digital Downloadsは無料で利用できるだけでなく、デジタルコンテンツ配信初心者にとっても使いやすいと高い評価を受けています。

その他のおすすめアプリについては後述します。

3.メールテンプレートの設定

ECサイトでは商品を無事に購入できたことを報告するメールを顧客に送るのが一般的です。メールがあると顧客は安心感を得られ、ショップに対して信頼感を抱くようになります。

具体的な商品ではないデジタルコンテンツを販売する際には、特にメールでの報告が重要になってきます。Shopifyでデジタルコンテンツを販売する際にはメールテンプレートを設定しておき、顧客に適切な情報が届くようにしておきましょう。

デジタルコンテンツとしてShopifyで販売できるもの




Shopifyで販売できるデジタルコンテンツはさまざまなファイル形式に対応しています。MP3、プラグイン、動画、各プラットフォームに適したテンプレートなども販売できます。

例えば以下のようなコンテンツをShopifyで販売できます。

● 電子書籍
● オンライン上での講座やセミナー
● 音楽
● 動画
● 写真
● アート

さらにShopifyではライセンスを持った人だけがアクセスできるコンテンツを販売することもできます。自分が用意したコンテンツに適した販売方法を工夫していきましょう。

デジタルコンテンツ販売で使えるShopifyアプリ




以下ではShopifyのデジタルコンテンツ販売向けのアプリを4つ紹介します。

1.Sendowl


Sendowlにはただ顧客がデジタルコンテンツを利用できるだけでなく、コンテンツの利用期限を設けたりライセンスキーを自動で発行したりするといった複雑な機能が備わっています。 販売するデジタルコンテンツに対して複雑な設定をしたい人におすすめのアプリです。

2.FetchApp

上記のSendowlほど複雑な機能は必要ないという場合はFetchAppがおすすめです。1つの商品に対して複数のデジタルコンテンツを添付したい場合などにはとても使いやすいアプリです。充実した無料プランも用意されているのでまずはお試しに利用したいという人も気軽に使えます。

3.Single

音楽関係のデジタルコンテンツを販売したい人はSingleを使いましょう。音声ファイルがダウンロードできるだけでなく、サンプル再生機能など楽曲販売に欠かせない機能が備わったShopifyアプリです。

4.Recurring Order & Subscription

Shopifyでデジタルコンテンツのサブスクリプションモデルを導入したい人はRecurring Order & Subscriptionを使いましょう。毎週や毎月など、決められた期間を設定し定期購入ができるようにします。期間ごとに発生する発注書・請求書の処理も簡単です。

Shopifyでもデジタルコンテンツを販売できる



今後デジタルコンテンツの市場規模はさらに拡大していくことが予想されます。アプリを使うことでShopifyでのデジタルコンテンツの販売は可能になります。音楽、文章、動画など販売するコンテンツに適したアプリを使用することが重要です。

Shopifyでデジタルコンテンツを販売し、市場規模の拡大の波に乗り遅れないようにしましょう。

ARCHETYPではShopifyでのデジタルコンテンツの販売もサポートしております。何かお困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。