UGCとは?UGCの重要性やShopifyに生かす方法を解説

2021.05.19

「ユーザーの声を商品購入に生かしたい」

こう考えているShopifyショップオーナーも多いと思います。とある調査でも、「消費者はレビューや紹介を商品購入のキッカケにしている」との結果が出ています。

売り手目線での一方的な情報発信だけでは商品が売れない時代を象徴する結果ではないでしょうか?そんな中、注目されているのが「UGC」です。

今回はUGCの基礎知識や重要性、ShopifyでUGCを実践するためのアプリを解説します。

UGCはユーザー自身が作るコンテンツ




UGCとは「User Generated Contents」の略称です。UGCは売る側の企業発信コンテンツではなく、ユーザー(消費者)が自ら作り発信しているコンテンツを指します。「口コミ」「レビュー」と聞くと、イメージしやすいのではないでしょうか?

代表的な例としては、InstagramやFacebookなどのブログやSNS投稿です。Instagramで使った商品の写真や感想を掲載することで、ユーザーは商品に対してリアリティが得られ、具体的なイメージをしやすくなります。

UGCの例としては以下が挙げられます。

● 飲食店情報まとめサイトの口コミ
● ECサイトの商品購入者の声
● 旅行サイトのレビュー
● 企業口コミサイトの書き込み
● 企業が配信しているブログ記事の評判

これまで一方的な情報発信しかやってこなかった企業が、より多くのユーザーに自社製品やサービスを知ってもらい購入してもらうために、UGCを重視するようになってきました。

ちなみに、UGCは現在のWebマーケティングにおいて必須キーワードとなっています。

情報発信の変化でUGCが重要視されるようになった




では、なぜUGCが重要視されているのでしょうか?

理由としては以下の3つが考えられます。

● 人と情報との関わり方の変化
● 関心や注目(アテンション)の獲得
● SNS上での影響力

近年は人と情報との関わり方に変化が生じています。以前のように企業が中心で情報発信してきた時代から、SNSを通じて個人が情報発信できる時代に変わりました。

その結果、世の中に多くの情報が乱立して「どの情報を信じたらいいのか」「企業はメリットしか載せないから信憑性に欠ける」など、情報に対する選択基準も大きく変わりました。

UGCを通じた関心や注目の獲得も重要になってきました。検索エンジン中心のWebマーケティングの世界では、プラットフォーム上でコンテンツや広告配信する場合にアルゴリズムや入札の影響を受けます。

近年はアルゴリズムの変動で検索順位が大きく下がったり、Facebookなどのオーガニック投稿のリーチ獲得も難しくなってきたりという現状があります。また、リスティング広告では入札競争の激化に伴うCPAの高騰も見られます。限られた枠内の競争やロジックの影響を受けるようになったこともあり、関心や注目を獲得することも重要視されています。

また、SNS上での影響力も見逃せません。ひと昔前はインターネット掲示板や口コミサイトなどで表示される投稿がUGCと認識されていました。

しかし、現在ではInstagramやTwitterなどのSNS上でもUGCが発生しています。掲示板や口コミサイトのUGCを確認するには、UGCが表示されているページを訪問する必要がありましたが、SNS上ではシェアやフォロワーによって「気軽に」「広範囲に」情報が伝わっていきます。

そうした点を踏まえて、SNS上で発信することで広範囲に情報を伝えられるようになり、リツイートやいいねなどの機能も絡めてUGCが拡散されやすくなったのです。

ShopifyでUGCを実践するためのアプリ




多くの企業が注目し始めたUGCですが、Shopifyに生かすにはアプリとの連携が欠かせません。

現在、ShopifyでUGCを生かすために連携できるアプリは以下があります。

・Shoppable Instagram & UGC
・Yotpo

Shoppable Instagram & UGC


Shoppable Instagram & UGCは、Instagramで自社製品を使った画像を発見しShopifyサイトに使いたい場合や、自社アカウント投稿をそのままShopifyサイトでも利用したい場合に有効です。

Shoppable Instagram & UGCを使うことで、ShopifyストアでInstagramに投稿されたコンテンツからストアにふさわしい画像選択やユーザーの使用許可が自動的に行なえます。収集したコンテンツは、トップページや商品一覧ページ、メルマガなどに配置してカートへ誘導も可能です。

Yotpo


Yotpoは、写真やレビュー、Q&A収集などを支援するマーケティングプラットフォーム。それぞれのブランドがYotpoでSNSの活用促進を図ることにより、トラフィックやコンバージョン増加などの成果を実現できます。

写真とレビューを組み合わせることで、商品認知が進みカスタマーエクスペリエンスが向上します。その結果として、売上増加や返品率の低下に大きな効果が期待できるのです。ユーザーによるSNS上でのコンテンツ共有や、レビューを生かしたFacebook広告への展開などを通じて、高いクリック率やコンバージョン率も期待できることがメリットです。

ユーザー目線でオンリーワンのコンテンツを作ろう




今回はUGCの基礎知識や重要性、ShopifyでUGCを実践するためのアプリを解説しました。

企業目線での情報発信が難しくなってきた現在において、ユーザーの声などのレビューは大きな意味を持ちます。他社には作れない「オンリーワン」の意識を持ち、ユーザーにとって有益で継続性あるコンテンツ作りが、売上に大きく関わってくることは必至です。

今回の記事を参考にして、アプリ導入などの施策を進めてみませんか?

ARCHETYP Commerceでは、今回解説したUGC対策など、Shopifyに関するさまざまな業務も承っております。興味のある方はお気軽にお問い合わせください!