Shopifyのブログ機能活用方法

2021.06.18

世界175ヵ国で170万件ものビジネスを支えているECプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」。誰でも簡単にECサイトを開設でき、アプリも受注・配送関連やストアのデザインに関するもの、マーケティングに役立つものなど豊富に取りそろえられているのが特徴です。

またShopifyでは、ECサイトを開設するとすぐにブログ機能が使えます。ブログでコンテンツを蓄積していけば、商品ページでは伝えきれない企業の姿を多くの人に届けられるでしょう。

そこで今回はShopifyで使えるブログ機能に注目して、そのメリットや記事作成のコツなどをご紹介します。長期的なブランディングを目指したい方はぜひご覧ください。

ブログ発信のメリットは?




ブログ記事を発信するメリットは大きく3つあります。まず「サイト訪問者との距離を縮められる」こと、次に「コンテンツマーケティングができる」こと、そして「ストアページを補足できる」ことです。

ECサイトでのショッピングは売り手の顔が見えないため、サイト訪問者からすれば心理的な壁がどうしてもあるでしょう。しかしブログ機能を活用した記事を見てもらえれば、顔の見えなかったオーナーやスタッフが自社商品に抱いている思い、こだわっているポイントを伝えることができます。

商品が開発された経緯や作り手を紹介したり、スタッフが自社商品をどのように使っているかをシェアしたりすることで、ファンも生まれやすくなるでしょう。ECサイトというインターネット上の空間で訪問者とショップがいい出会いをするには、こうした人間らしいストーリーから、商品が生活になじむイメージをもってもらうことが重要です。

2点目の「コンテンツマーケティングができる」ことについて、SEO対策を強化したい方にとっては理解しやすいのではないでしょうか。

ストアページに加えてブログ記事を作成することで、ECサイト内のコンテンツがボリュームアップします。一定のコンテンツ量があると「Google」「Yahoo!」などの検索エンジン上で「高品質で網羅性のあるコンテンツ」として評価されるため、検索で上位に表示されやすくなるのです。ブログ機能をうまく使いこなせれば、サイトへのアクセスを増やすことができるでしょう。

3点目の「ストアページを補足できる」というのは「ショップの専門性を感じてもらえるかどうかの腕の見せ所」ともいえます。

たとえば小柄女性の美しさを追求し、小柄女性が本当に欲しいと思える服を届けている「COHINA(コヒナ)」というアパレルブランドがあります。COHINAのブログではシルエット別のスタイリング特集や低身長向けのワンピース特集などの記事を投稿しており、これらは小柄女性の気持ちに寄り添った情報発信です。

商品ページ上だけで商品を紹介するのではなく、ブログ機能を利用することで、ストアページには載せきれなかった内容や商品の使用例も伝えられるでしょう。キャンペーンやイベントをブログ記事で紹介するのもおすすめです。

Shopifyブログ記事の作成手順




ShopifyでECサイトを開設すると、すぐに使える「News」という標準ブログ機能がついています。これをそのまま活用してもいいですし、カスタム名をつけた独自のブログを作成することも可能です。

記事を投稿する際は、まずストア管理画面にアクセスしてください。画面左側に表示される「オンラインストア」から「ブログ記事」を選択して進むと、ブログ記事の一覧ページにアクセスできます。執筆完了しているブログ記事もこのページから編集できるので、試してみましょう。

ブログ記事の一覧で「ブログ記事を作成する」を選択すると、記事を追加できます。基本的な書式設定、図表や動画、リンクの挿入などブログ記事の作成に便利な機能がそろっており簡単で、HTML編集も可能です。ストアページに載せている商品の詳しい紹介や制作ストーリーなど、ブログ閲覧者の興味を惹くものを書いてみてください。

執筆が完了したら、保存タブをクリックします。保存の段階では記事は非公開になっているので、さらに「公開 / 非公開」タブからブログ記事を公開して、投稿完了です。

ブログのテーマ例




Shopifyブログ機能は操作がとても簡単ですが、「なにを書こうか悩んでしまう」という人もいるでしょう。そこでここでは、Shopifyブログ記事を執筆する際の仕様に触れながらテーマ例をご紹介します。

記事の編集を開始すると、最初に「タイトル」と「コンテンツ」という欄が出てきます。「タイトル」にはもちろん記事のタイトルを入れるので、記事本文を読む前からある程度興味をもってもらえるように、直観的で簡潔な言葉にしましょう。

「コンテンツ」は本文を入れるスペースです。さらに「抜粋を追加する」というタブを選択すると、記事の要約を追加できます。これを書いておくメリットは、ストアのトップページやブログのまとめページでその記事が表示される際、抜粋欄に記載した記事要約を表示させられるという点です。

もともとは「News」という1つのカテゴリのみでブログが設定されるようになっていますが、「ユーザーの声」「○○特集」などさまざまなカテゴリで記事を作っていきたい場合には、複数のカテゴリを設定するのもおすすめです。

たとえば、愛犬を見守る「Furbo」というドッグカメラやシッターサービスを提供しているTomofun株式会社は「おるすわん図鑑」「健康 / しつけ」「犬トリビア」「ユーザーの声」など、さまざまなカテゴリに分けて記事を公開しています。ブログのホーム画面からトピックを選択して閲覧できるようになっているので、ブログに固定ファンがつきやすいといえます。

自社がなにを目指して商品展開をしているのか、そしてサイト訪問者にとって役立つ情報はなにかを常に考え、ブログ閲覧者と自社をつなぐ橋を作るようなつもりでテーマを設定してみてください。

コンテンツ作りと継続のコツ




ECサイトにファンをつくり、売り上げにつなげていくためには情報発信の継続が必要です。それでは、ブログ記事の投稿を続けるにはどうしたらいいのでしょうか。

まず理解しておきたいのは、ブログ記事とそれ以外のページの違いです。ブログ記事以外のページには、会社概要やブランドストーリー、お問合せ先など、基本的に変わることのない情報を記載します。状況によって更新、あるいは削除する可能性もありますが、役割としては恒久的な内容を発信するものです。

対してブログ記事は、業界の最新情報やトレンド、新商品の宣伝など「今伝えたいこと」を載せる場といえます。そう理解すると、おのずと定期的な更新が必要となることがわかるでしょう。3日ごとに更新、毎週この曜日とこの曜日に更新、などと更新リズムを決めてコンテンツを作成するのがおすすめです。一定の頻度でブログが更新されていると読者もサイトへの信頼感をもち、定期的にブログを読みに来てくれる可能性が高まります。

ブログを活用して継続的なファンづくりを




今回はShopifyブログ機能の活用方法についてご紹介しました。インターネットショッピングを楽しむ人は今後ますます増え、ECサイトのもつ役割はショップ側にとってもユーザー側にとっても大きなものになるでしょう。

時間と空間を越えられるECサイトが意識して乗り越えるべきは、ユーザーとの間に生まれる心理的な壁です。SEO対策にもつなげながら、自社の魅力をより深く、継続的に伝えられるよう、ぜひブログを活用してみてください。

ARCHETYP Commerceでは、Shopifyを使ったECサイトの運用をサポートしております。ブログだけでなくアプリやサイトデザインのご相談なども広く承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。