ShopifyなどのECサイトをYouTubeで集客するコツ

2021.06.25

近年、幅広い年代でYouTubeの視聴者が増えていることは誰もが知っていますが、それに応じてShopifyなどECサイト事業者がYouTubeを活用して集客するケースも増えているのです。今回はなぜEC事業者がYouTubeを始めたほうがいいのか、チャンネル開設までのステップ、コンテンツ作成で注意すべき点を紹介します。

ShopifyなどのECサイト運営でYouTubeを使った集客が増えている理由は?




ミレニアル世代のテレビ離れが進みYouTubeの存在感はますます強まってきています。また、主要購買層である30〜50代のYouTube視聴も増加しています。

このような中でECサイト運営業者がYouTubeを活用するメリットは以下の点が挙げられます。

● YouTubeの視聴者は主に若者層なので、これからマーケットの中心となるミレニアル世代をユーザーに取り込める
● テレビのように規制が少なく自由に動画を制作できるので面白い
● 急上昇ランキングやアルゴリズムでECサイトには訪問しない層が興味を持って動画視聴する可能性がある
● 写真やECサイトに掲載する少しの動画からは伝えきれない、社員や製作者の素の部分や様々な面を知ってもらうことができて、ユーザーに親近感を持ってもらうことができる

このような理由からECサイト事業者がYouTubeを活用してマーケティングするケースが増えています。

ShopifyなどのECサイト運営者がYouTubeを始めるには?




ECサイト運営者がYouTubeを始める方法を紹介します。方法としては3つ挙げられます。

● 自社で運営する
● プロに外注する
● 自社運用+プロへ外注を組み合わせる

自社で運営する


まず1つ目の、自社で全てまかなう方法です。この場合は社内でYouTubeが大好きであったり、YouTubeにくわしかったりする社員を募集してYouTtubeマーケティングチームを作るか、広報部などに運営を任せます。

● YouTubeの特徴や仕組みの理解
● 人気YouTuberやECサイト運営業者でYouTube運営に成功した事例を分析
● 動画の企画、準備、撮影、編集
● 動画投稿後の視聴者層の分析、視聴者が多い動画の特徴をとらえ、改善を重ねる
● YouTubeからECサイト訪問につながったユーザーを知り、工夫を練り、実行する

YouTubeのノウハウが全くない会社が視聴率をあげ、ECサイト訪問へつなげるにはかなり労力がかかるかと思いますが、その分外注するよりコストは抑えられるケースが多いです。近頃YouTube参入者が増えていて飽和状態ともいわれていますので、ノウハウゼロのECサイト運営業者がYouTubeで成果につなげるには相当戦略を練る必要があります。

プロに外注する


2つ目はチャンネル開設から運用まで全て外注する方法です。

外注することで感覚的ではなく具体的な戦略に基づいて動画投稿がなされるので、全て自社で賄う場合と比べて労力が圧倒的に少なく済みます。高額な費用がかかるケースが多いかと思いますが、その分本業に専念できるのがメリットです。

しかしながら、外注してしまうと、失敗から学ぶ経験はできない可能性があったり、業者のやり方と自社のやり方が合わず方向性がずれしまったりする可能性もあります。

外注する場合には、YouTubeコンサル会社によって動画の作り方や戦略の傾向が違うので、自社の戦略を明確にして、どの業者に依頼するか入念に検討しましょう。

自社運用+プロへ外注を組み合わせる


3つ目は自社運用とプロへの外注を組み合わせる方法です。

● YouTubeのチャンネル開設〜運営が軌道に乗るまでは業者に入ってもらい、その後自社で運用する
● アドバイザー型コンサルをつける
● 動画制作など時間がかかる部分のみ外注する

YouTube開設の初期段階のみを担う業者は、YouTubeに関する知識が全くないものの、マーケティングの知識は蓄積している企業におすすめです。軌道に乗るまでは不安があるかもしれないですが、慣れてきてYouTubeの仕組みがわかってくれば自社で戦略を練ることは可能です。YouTubeへのとっかりのハードルが高い場合にはぜひ初期段階をサポートしてくれる業者に依頼しましょう。

アドバイザー型コンサルは、その名の通りアドバイス「のみ」を提供するのが特徴です。YouTubeを一括で外注するまでコストをかけられない場合や、最初だけサポートしてもらいそのあとは自社でノウハウを積み上げていきたい場合におすすめです。

時間がかかる動画編集だけを依頼できる業者もあります。「一本5000円」というように動画一本ずつ依頼ができるので、スポット的に利用することが可能です。動画編集だけでなく、撮影代行や企画代行も案件ごとに依頼できるので、時間や予算に応じて一時的に依頼をしたい企業におすすめです。

ECサイト運営者がYouTubeを活用する際に注意すべきこと




EC運営業者がYouTubeマーケティングを行うという観点から見ると、いわゆるYoTtuberとは戦略が違い、ただ視聴回数が増やすということだけでは効果が得られません。集客や売上増加などの最終的な目標を達成するための戦略を練りましょう。

動画作成にあたって、EC業者関係なくYouTubeで大切で大切となるのは、いかに「自然体」を出すかです。YouTubeではテレビのように綿密にスケジュールや台本が組まれた動画は求められておらず、気張らずにありのままを見せることが大事になります。

「自然体」を念頭に置いた上でECサイト運営業者がYouTube動画を制作する場合に特に注意した方がいいのが「集客を意識しすぎない動画制作」です。つまり商売っ気を出しすぎないことが大切なのです。

そのような観点から、参考にしたり工夫したりしたいのが「人気YouTuberの提供動画」「出演者」「演出のこだわり」です。

過去に成功した提供動画について、人気YouTuberが企業の商品やサービスのPR動画をアップすることがあります。ところが、商品のいいところだけをアピールしすぎたり動画内で強く宣伝勧誘しすぎたりすると、視聴者は強引にセールスされている気持ちになり、大量の登録者解除につながることも。YouTubeでは商品のいいところ、悪いところも正直な感想を述べることが大切です。人気YouTuberは大半が提供動画もあげているので、研究してください。

また、動画の出演者も大切です。企業の場合は社員を出すことで親近感を与える演出が有効です。 そして演出もとても大事です。例えば社員が商品やサービスの裏側などを発信することで視聴者との距離を縮めることにつながるケースもあります。ときには社員のありのままのプライベート姿を見てもらい、社員のファンを増やすことで企業に興味を持ってもらうこともできます。若い世代は自分がいいと思った動画、商品やサービスをSNSで他社へ共有する人も多いので、動画が拡散され、商品やサービスの認知度UP、PRへ繋がる効果もあります。

EC運用会社がYouTubeで動画コンテンツを作成するには「自然体」ということを念頭に置いたうえで、人気YouTuberの過去の提供動画を参考にしつつ、出演者と演出にこだわって動画を作成していきましょう。

まずは気軽にYouTube動画投稿を始めましょう!




ECサイト運営のみで集客していた企業がYouTubeで「集客」するとなるとハードルが高く感じるかもしれませんが、YouTubeを始めること自体は難しいことではありません。

そもそも動画を取ること自体は、スマートフォンさえあれば誰でもできますし、動画編集の技術がなくても高性能なアプリを活用することで簡単に動画編集もできます。それでもどうしても自社でチャンネル開設や運用が厳しい場合はプロに分析を依頼したり、マーケティングに強いYoutubeのコンサル会社へ依頼したりする手もあります。まずは「集客」を意識しすぎず、まずは気軽にチャンネル開設や動画投稿を初めてみるのがおすすめです。

ARCHETYP Commerceでは、集客支援も含めたデジタルマーケティングサービスを提供しています。集客やコンテンツ運用を充実させたい方はお気軽にお問い合わせください。