Shopifyでフルフィルメントを活用するには?

2021.06.30

Shopifyを利用してこれから販売を開始する方も、すでにサイトを運営されている方も、ほぼすべての人に関係する業務がフルフィルメントです。フルフィルメント業務とひとくくりにいってもその内容はさまざま。

今回はフルフィルメント業務ってどんなものなの?Shopifyでどうしたら簡単に楽に進められるの?といったよくある質問の答えを解説します。

フルフィルメントってなに?




フルフィルメントとは商品の注文を受け、お客様の手元へ届くまでの一連の流れ、業務のことを指します。具体的には受発注、問合わせ、梱包、発送、配達、仕入れ、納品、検品、在庫保管、在庫管理、返品処理、クレーム対応、入金管理、代金回収、返金処理など多岐にわたります。

そしてこれらの一部、または全部を代行してくれるサービスをフルフィルメントサービスと呼びます。フルフィルメントはイメージとして裏方作業のように感じますが、実際にはエンドユーザーに接する業務のため、売上に大きく影響の出る業務だといえます。

最初のうちはお客様に対して細かな気配りやバックアップができても、規模が大きくなるにつれて抜け・漏れが出て、クレームに繋がるパターンも少なくありません。そうなる前にしっかりとシステムを組んでおく必要がある重要な分野なのです。

フルフィルメントサービスのメリット・デメリット




フルフィルメントサービスを利用するメリットは、作業効率の向上を図ることができることです。プロのサービスに委託することによってカスタマーサービスとしての対応や、梱包作業、返品処理など手間のかかる業務を委託することができます。よりスピーディに、丁寧に行ってもらえるので顧客満足度にも大きく影響を与えることになります。

これによってリピーターが増えたり、売上の向上を見込んだりすることが叶います。また、倉庫、コールセンターを自社で持たずに済むので大幅なコストカットを行うことも可能に。

デメリットとしては、フルフィルメントサービスを利用することによって、クレーム処理などの対応も任せた場合、エンドユーザーからの生の声を聞く機会が減ってしまう場合があること。ほかにも、商品管理まで任せることで、タイムリーな商品の品質管理、現状把握が難しくなることなどが挙げられます。

お客様と密なコミュニケーションが取りたいという方には向いていないかもしれません。このようなメリット、デメリットを理解した上でどのようにサービスを活用するかが大切です。

Shopifyでフルフィルメントを導入するには




Shopifyでフルフィルメントサービスを利用するには大きく分けて2つ方法があります。

● フルフィルメントアプリを利用してShopifyと統合し、利用する
● カスタムフルフィルメントサービスを利用する

フルフィルメントアプリを利用する


ドロップシッピングといわれる在庫を持たずに商品を製造、販売するサービスをアプリで一括管理してくれるドロップシッピングアプリを活用する方法や、Amazonと連携して行うフルフィルメントサービスが挙げられます。Amazonとの連携はフルフィルメント by Amazonから詳細を確認することができます。ドロップシッピングアプリは下記のようなアプリが有名です。

Oberlo
Shopifyオフィシャルアプリとしてリリースされているアプリです。あらゆるジャンル、数百万点の中から商品を選ぶことができ、中国の大手企業であるアリババが運営するAliexpressも利用できます。

Printful
数多くそろえている商品の中から自分が販売したいと思う商品を選び、ロゴやデザインを自作してオリジナルの商品として販売できるアプリです。これら商品をストックしておくことによってShopifyから注文が入ると、自動で梱包、発送を行ってくれます。

Spocket
Aliexpressなどの商品を取り扱っているアプリが多い中、このSpocketはアメリカ、EUの商品をメインとして取り扱っています。また、小売価格の30〜60%のディスカウントが約束されているため、利益率を上げたいという方にはおすすめのアプリです。

上記で挙げたアプリはほんの一部です。ドロップシッピングアプリは数多く存在するので自分の販売している商品に合わせたアプリを導入するとよいでしょう。

カスタムフルフィルメントサービスを利用する


カスタムフルフィルメントサービスとは、お客様がメールリクエストを受信した段階で注文を完了するサービスです。お客様からの注文メールを使用している倉庫で受け取り、フルフィルメントを行います。他社のサービスを利用することが面倒だな、と感じる方には「Shopify Expert」を通じてアプリ開発を行うことによってより使い勝手のよい、オリジナルのフルフィルメントアプリを利用することもできます。

フルフィルメントサービスを活用して効率化を図ろう!




フルフィルメントサービスを利用することで、売上、カスタマーサービス、業務効率など多岐にわたって大幅な向上を見込むことができます。「うちはまだ自社のみで手が回っているから」と安心していても、規模が大きくなってきて問題が出始めてからでは後手後手に回ってしまいます。余裕のあるうちから対策を講じてみてはいかがでしょうか。

ARCHETYP CommerceではShopifyの導入や運用のご相談、テーマのインストールやカスタマイズ、オリジナルテーマの開発も承っております。興味のある方はお気軽にお問い合わせください!